header_title_01
header_title_02
日本医科大学付属病院 乳腺科

当科の特徴

当院では、全診療科が高いレベルの診療を行うことと、診療科同士の密な連携が特徴です。
当科でも医師とがん治療の経験が豊富な多くの職種が緊密に連携し、チーム医療を提供しています。

当科の特徴

当日検査

検診で要精査となっても、精密検査の結果で「異常なし」と診断されることがよくあります。
私達は来院当日に検査を行います。多くの方は安心して当日お帰りいただけます。

患者さんとの対話

患者さんはたくさんの不安を持っています。
生命にかかわらないか、治療費のこと、家族のことなど、患者さんを取り巻く環境を含めて話を伺います。

患者さんに合った治療を選択

安全かつ最良な治療の選択のためには、新しく正確な知識が必要です。
乳がんにはホルモン療法が効果あるタイプ、化学療法が必要なタイプ、分子標的治療薬の効果があるタイプなど、それぞれのサブタイプに適した治療が存在します。その中で、患者さんに合った治療を選択していきます。

他科との連携

乳癌の手術では乳房再建術も可能です。
当院形成外科と連携し、乳房の再建も行っています。乳房温存術後や、骨転移、リンパ節転移での疼痛コントロール目的の放射線照射は放射線治療科と連携しています。
また合併症をもっている患者さんに対しましても、当院内科の先生と連携しておりますので、安心して治療を受けていただけます。
遺伝性乳癌が疑われる場合も、遺伝診療科においてカウンセラーによるカウンセリングを受けた後、ご本人ご家族と相談しながら、検査を進めることができます(自費)。

がん治療の影響によって『妊娠する力(妊孕性)』が低下することが予想されます。
当院では女性診療科との連携により全身治療前に生殖機能温存のための妊孕性温存治療も行っております(自費)。

チーム医療

乳がん看護認定看護師および薬剤師を中心に患者さんの治療をサポートしていきます。

コメディカルの紹介

内海真紀

乳がん看護認定看護師 内海真紀

様々な治療を受ける患者さんの治療方法を選択する際の支援、手術や化学療法などの副作用に対しての支援、術後のリンパ浮腫予防のための支援、治療に伴う精神的支援などを行います。
患者さんひとりひとりが治療と生活を両立できるように、医師や様々な医療スタッフと連携しサポートします。

化学療法室の薬剤師

化学療法室の薬剤師

患者さんが安心して治療を受けられるように、治療開始前から薬に関するサポートをします。
専門的な知識を持つ薬剤師が、抗がん剤治療のスケジュールや副作用、日常の注意点などについて説明し、治療開始後も副作用の発現状況などの確認を行いながら継続的にフォローします。
医師や看護師と常に連携しながら治療を進めていきますので、薬に関する不安や悩み、疑問などある場合には、遠慮なくご相談ください。