header_title_01
header_title_02
日本医科大学付属病院 乳腺科

最先端で楽しく働く。
ワークライフバランスも重視。

入局案内

日本医科大学乳腺外科学教室は、乳腺専門医として臨床、教育、研究の3分野で活躍し、患者さんからも医療従事者からも信頼される医師を育成することを大きな目標としています。

乳腺外科は、手術だけではなく、画像診断、病理学的細胞および組織診断、内分泌療法、化学療法、分子標的治療などの全身薬物治療、放射線治療、緩和治療など多岐にわたり、奥の深い分野です。当教室では、乳腺疾患の診断、治療において広く深く勉強するには格好の環境が整っています。

当院乳腺科の診療の特徴

患者さんはたくさんの不安を持っています。
治療費のこと、家族のこと、仕事のことなど、患者さんを取り巻く環境を含めて話を伺いながら、患者さんの乳がんの性質・状況に合った最適な治療を選択していきます。
患者さんに安心、そしてきめ細かな医療を提供するために、他科との連携・チーム医療を行っています。

研修環境

よりよい治療を行うために、定期的なカンファレンスを行っています。
特に乳腺病理は乳癌治療に欠かせません。毎週行われる術前乳腺病理合同カンファランスでは、乳腺病理専門医、坂谷貴司教授の解説のもと、病理標本を実際に顕微鏡にて確認を行い、画像検査との整合性を確認しながら、術式を含めた治療法を検討しています。
本邦での乳腺病理診断の第一人者である土屋眞一特任教授(飯田病院副院長)も迎え、乳腺病理を学ぶチャンスとなります。
さらに毎月第3週木曜日に行われる病理診断科、放射線科との術後症例検討会では、診断に難渋した症例、臨床病理学的に稀な症例などを取り上げ、診断、治療、病態について深く掘り下げています。
また当院の客員教授でもあり、癌研有明病院の乳腺内科部長でもある、伊藤良則先生を迎えて、進行再発症例や難治症例について、メディカルスタッフとともに薬物治療のカンファレンスを定期的に行っています。
様々な合併症を抱えた症例や薬物治療抵抗性を示す症例など話し合う場となり、最先端の薬物治療を日頃から学ぶことができます。

guide_02

付属病院研修の週間計画

 
7:45-8:30
新患・術後 カンファ
             
8:00-8:30
リサーチカンファ
  *1          
7:30-8:30
術前乳腺病理カンファ
             
8:30-9:00
病棟回診
             
9:00-
手術
             
18:30-
乳腺病理合同
カンファレンス
      *2      
19:00-
伊藤先生
ケモカンファレンス
  *3          

*1 リサーチカンファは毎月第1火曜日のみです。
*2 乳腺病理合同カンファレンスは毎月第3木曜日のみです。
*3 伊藤先生ケモカンファレンスは火曜日不定期です。

専攻医研修〜乳腺専門医取得まで

初期研修の2年間(卒後1-2年)終了後、乳腺外科専修医としての2年間(卒後3-4年)で外科専門医取得に必要な手術経験を中心に研修を行います。
乳腺疾患はもちろん、その他の消化器、心臓血管、呼吸器、内分泌、小児、救急などの症例を、出来るだけ希望に添うようにカリキュラムを組み、幅広い診療経験を積みつつ、スムーズに外科専門医を取得出来るようバックアップします。
その後、3年間(卒後5-7年)で一般外科診療に加え、主な診療の対象を乳腺疾患に移し、日本医科大学付属病院を中心とした日本乳癌学会認定施設および関連施設にて画像診断、病理診断、外科的治療(乳腺良性疾患および悪性疾患の手術・周術期管理・術後管理)、薬物治療(ホルモン療法、化学療法、分子標的薬物療法)、緩和ケアなどを系統的に研修します。
この間、がん研有明病院、がんセンターなどでの研修も可能です。
卒後6年目に外科専門医、7年目に乳腺専門医の取得を目指します。
ただし、今後、日本専門医機構によって乳腺専門医の資格が認定されることになった場合、外科専門医取得後、各施設の専門医修練計画に沿って研修することになります。
卒後8年目以降は後輩教室員の指導を行いながら、学会発表・論文発表を積極的に行い、診療と研究の両立を目指します。
大学院乳腺外科学分野に入学し、臨床、基礎、または両者に関わる研究に携わり、医学博士号を取得すること、また2-3年の海外留学や国内留学により、臨床および基礎的研究に専念することも奨励しています。
女性医師にとっては、特に出産、育児などのライフスタイルの変化もあり、それらの両立が最重要な課題と考えます。
当院では院内保育、ベビーシッター派遣病児保育支援、『短時間勤務女性医師制度』など女性医師のバックアップ体制も整えていますが、当科においても勤務継続が可能となるように、状況に応じて可能な限りバックアップします。

専攻医募集

日本医科大学乳腺科では、専攻された先生が外科専門医を確実かつスムーズに取得出来るように、乳腺外科、消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、内分泌外科の5科で密接に連携した外科専門研修プログラムを採用しています。
専攻医一人ひとりの希望に沿った、充実したプログラムになる様に、全力でサポートします。

guide_03

先輩医局員からのメッセージ

私は乳癌の温熱療法に関する臨床的研究をしたいと思い、2017年4月に日本医大乳腺科に入局しました。
それまで消化器外科に主に携わってきましたが、当院の乳腺科は乳がんの診断や治療に関して、どんな事でも教授をはじめ先輩方に相談できるので安心感があります。乳腺科の雰囲気はとても明るく、アットホームな環境です。
他大学出身の先生も多く、みんなで楽しく仕事をしています。
一緒に臨床および研究をやりましょう!!是非お待ちしています!!

入局希望の方へ

日本医科大学乳腺科では、常勤医師を募集しています!当教室で最先端の医療(臨床・研究)を一緒に学びながら、働きませんか。
ワークライフバランスも大切です。
見学および入局説明をご希望の方は随時受け付けています。
ご興味がある先生は、下記問い合わせ先に御連絡ください。

入局説明会

2018年8月7日(火) 日本医科大学乳腺外科入局説明会 終了致しました
見学および入局説明をご希望の方は随時受け付けています。

guide_04『医局説明会/納涼会』2018年8月7日
guide_04『医局説明会/納涼会』2018年8月7日

大学院生募集

日本医科大学乳腺外科学教室では、日常臨床の場で生じたClinical questionを大切にし、研究を行うようにしています。
臨床的研究としては、乳癌は診断から治療、終末期医療までと幅広く、特に治療においては外科的手術療法から内科的薬物療法までさまざまな領域が研究の対象となります。
また基礎的研究としても、薬物療法の作用機序、耐性機序、転移形成機序など、多くの課題が研究の対象となります。
外科専門医、さらに乳腺専門医の取得は大きな目標の1つでありますが、それと並行してこれらの研究を行い、大学院に進学することも可能です。

大学院乳腺外科学分野に入学し、臨床、基礎、または両者に関わる研究に携わり、医学博士号を取得することのほか、また2-3年の海外留学や国内留学により、臨床および基礎的研究に専念することも奨励しています。
これまで海外留学先として、米国ノースウエスタン大学やイエール大学、イリノイ大学、国内留学先として、がん研有明病院、埼玉県立がんセンターに留学しています。
希望があればその他の機関への留学も可能と考えています。
他施設にて、専攻医としての修練が終了している方、また、乳腺専門医をすでに取得している方にとりましても、大学院進学、留学にて、ある期間、研究に没頭する機会を得ることは、医師としてのキャリア形成に非常に重要であると考えます。